HOME>イチオシ情報>京都の弁護士に残業代請求を依頼する時に注意すべきこと

残業代請求に強い、京都のおすすめ弁護士の特徴

残業代請求に強い京都のおおススメ弁護士の特徴は、過去の残業代請求で高額の返金額を勝ち取った実績があることです。

残業代請求時に注意すべきこと

  • 2年を過ぎると無効になるので期限切れになる前に請求しましょう。
  • タイムカードや業務日報など証拠になりそうなものは残しておきましょう。
  • 請求が可能かどうかは就業規則や雇用契約によって違ってきます。
  • 在職中に請求するとパワハラやいじめなどをされる可能性もあります。
  • いきなり裁判ではなくまずは会社と話し合いから始めるのが無難です。
  • 返金額が少額の場合は弁護士に依頼すると何も残らなくなることもあります。
  • 自分で請求することも可能ですが弁護士に依頼する方が確実です。
  • 証拠が集められなければ残業代請求をすることはできません。
  • 弁護士費用が高い場合は労働組合に相談することもできます。
  • 時効が切れる前に裁判を起こせば6ヶ月間事項期限が延長されます。

自分で交渉するのとはまったく違う

弁護士と天秤

会社のために残業をしたのなら、その報酬として残業代が支払われるべきなのは当たり前のことです。しかし、まったく支払われなかったり一部しかもらえなかったりして、泣き寝入りしている状況の方もいるはずです。そのときは、残業代の請求に強い弁護士を探して、会社から正当な報酬を受け取るようにしましょう。個人で会社と交渉する方法もありますが、慣れていなければ、いいくるめられてしまう可能性が高いです。しかし、残業代請求を得意とする弁護士ならば、会社としっかりと交渉をしてくれて、もらうべきものを勝ち取ってくれます。京都には弁護士がたくさんいて、その中には残業代に強い方もいるので、泣き寝入りしたくないなら頼んでみましょう。

無料相談で話を聞こう

女性弁護士

京都にいる残業代の請求を得意とする弁護士の中には、無料での相談を受け付ける方もいます。法の力を借りることで本当に残業代をもらえるのか疑問に感じているのなら、まずは無料相談で話を聞いてみましょう。いろいろな話を聞き、質問をして、請求できると思えたのなら弁護士と正式に契約することをおすすめします。なお、相談時間は決まっているため、無駄に時間を経過させないように、残業に関する情報はまえもってまとめておきましょう。

成功報酬タイプならお金がなくても頼める

相談

残業代をもらえない状態で、弁護士に支払う費用を捻出するのは大変な状態の場合もあるはずです。そのときは、成功報酬タイプの依頼を受け付けている弁護士を京都で探してみましょう。成功報酬タイプでは、会社との交渉が成立して、もらった残業代から費用が支払われることになります。つまり、弁護士と契約した時点では費用が発生せずに、残業代を得られたときのみ支払うことになるので、手持ちにお金がなくても弁護士に頼めるのです。

広告募集中